2016年08月27日

9月のライブ

7月、8月とライブ少なめだったので、9月は若干多いような・・・と思ってましたが、4回だけでした。

9月3日(土)
ジム・オルークと命拾い
(メンバーって非公表かも)

渋谷WWW X
はちみつぱい / ジム・オルークと命拾い
OPEN/START17:00 / 18:00
ADV./DOOR座席:¥5,000(税込/ドリンク代別/自由席) 座席券SOLD OUT!!
スタンディング:¥3,800(税込/ドリンク代別)
LINE UPはちみつぱい / ジム・オルークと命拾い
TICKET<先行予約>
受付期間:7/13(水)10:00〜7/18(月祝)23:59 ※抽選
受付URL:http://eplus.jp/hachimitsu-jim/
<一般発売>
一般発売:7/30(土)
e+ / ローソンチケット[L:70294]
INFORMATIONWWW X 03-5458-7688

すみません、情報書いてみましたが、SOLD OUTなのでしょうか、スタンディングは当日券が出るのだろうか?とか知らないですが、ジムのバンド・ライブです。よろしくです!

CqEMxCsUsAE8jOr.jpg

9月10日(土)
落合Soup
石橋英子trio (石橋英子 , 須藤俊明 , 山本達久)
共演:
松本一哉
Cal Lyall × 町田良夫
guru host (坂口光央、一樂誉志幸)
予約 guruhost.info@gmail.com

次の土曜日は英子さんトリオで、GURU HOSTの企画に出ます。GURU HOSTはMSNを一緒にやってるキーボードの坂口くんと、柴田聡子ちゃんのバンドを一緒にやってる一樂誉志幸くんの、キーボード&ドラムユニットです。
英子さんトリオは、この3人で10月にヨーロッパ・ツアーします。たぶん前にやった、半分死んだ人たち(もう死んだ人たち1/2)みたいな感じでやると思います。

次は・・・9月18日(日)にナスカ・カー@秋葉原CLU GOODMANなのですが・・・
ナスカ・カーで出演させてもらいますが、なんというかすごいイベントです。
まぁ、フライヤーを貼っておきます。
sam3webフライヤー1.jpg

そして月末は、
山本精一NITE.jpg

9月29日(木)

渋谷WWW X
山本精一さんのライブに出ます。メンバーが色んな意味ですごい・・・
達久くんと、柴田ちゃん、坂口くん、そして大友さん・・・
みんなつながりがありそうでなかなか一堂に会することの無さそうな・・・

そんな感じで9月もとてつもなく充実したライブたち・・・よろしくお願いします。
posted by pseudo_studio at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2016年08月05日

GCB-95 改造

1週間くらいまえにMacのSSDを載せ替えるという作業をしてたのですが、バックアップやらOSのインストールやら移行アシスタントの作業で、うまく行かなくてやり直したりして・・・と、Macを使えずただ待つ時間が長かった時に、ふと足元に出してたGCB-95クライベイビーっていうワウを改造しようかな・・・と思いつき、始めてしまいました。そもそも、GCB-95って型番も覚えてなかったし、どこのメーカーかも分からないし、言ってしまえば大して興味がないのですが、ちょっと前に買った安物の3PDTスイッチがあったので、トゥルー・バイパスにしたら、つなぐ順番を考えたり、ループボックス(ABセレクター的な)を通す必要もなくなるかな、みたいなその程度の考えでスイッチを変えてしまえ!ということにしたわけです。そして、3PDTスイッチにしたらLEDもつけられるぞ!といいことばかりな気がして、蓋を開けてしまったわけです。

IMG_6277.jpg

これが蓋を開けたところ。そもそも、これどうして持ってるのかよく覚えてないけど、たぶんヤフオクで買ったんでしょう。この思い入れのなさが自分にとって大事。まぁ、壊れはしないでしょう・・・的な。そして、初めて構造を知る。可変抵抗をそのまま回してるのか・・・とか、スイッチってこんな感じなのか・・・みたいな。そして、簡単に基板が外せる。

IMG_6278.jpg

そして、改造(というか一般的にはモディファイ)について書いてあるサイトをいろいろ見ると、左の6個の部品を外してインプットバッファを外すのが普通らしいので、そのまま信じて外してみる。

IMG_6279.jpg

はい、細かいこと考えてないけど、まぁ、これでよいのでしょう。そして、3PDTスイッチとLEDと基板の配線・・・を書く前に、LEDを持ってたっけ?ってことで、

IMG_6280.jpg

こちらの登場です。上に写ってるのはコカ・コーラを買ったらオマケでもらった「光るLEDコースター」で、それに3色LEDがついてるので、全部試してみて、青を選ぶことに。何かしら抵抗を入れなくてはいけないことをネットで調べて、数キロΩの抵抗をはさんで、光ることをチェックしたら、もうそれでOK・・・ってことにしました。何キロにしたかも忘れた・・・結構眩しい・・・

IMG_6281.jpg

こんな感じにオシャレに抵抗もスミチューブ(っていうのかな?ゴムの縮むやつ)で固めちゃったから何の抵抗入れたか、もうわからないのです。そして、ネットで見た3PDTスイッチの配線を見ながら、わりと色までそれに合わせて配線。しかし・・・(繋いでも)音がでない・・・なんで?

IMG_6283.jpg

この写真の手前の基板からスイッチの真ん中までつながってる白い線でOKのはずなのに、何故か音がでない。そんなわけで、ネットでこれまた調べた、もともとのバッファーの後の信号の入り口の場所をからスイッチにクリップで繋いだら、音が出た!基板の何処かが切れてるのか?他の原因かわからないけど、まぁ、音が出ればいいので、細かいことは気にしない。さてネットで日本語で書いてあるいろいろなブログを見つつも、全部は把握できなかったけど、英語の簡単な便利なサイトを発見。
http://www.electrosmash.com/crybaby-gcb-95
このサイトで、信号の流れがだいたいわかるので助かった。っていうか、インプットバッファ取らなくてもよかったの!?もう取っちゃったよ・・・と思いつつ、戻すのも面倒。

いろいろなサイトから、バッファを取っちゃった場合、最初にくる抵抗を68kから47kに変えるように書いてあったけど、試しに100kの可変抵抗を繋いじゃえ・・・と。そして、さっきの英語のサイトにあった"Bass Players Mod"を試しみる。真ん中よりちょっと右にあるコンデンサの数値を変えると周波数が変わる。もとが0.01μFなんだけど、たまたま似たような(フィルムの)0.1μFのコンデンサを持ってるから、その2個を切り替えられるようにスイッチをつけた。その様子がこちら。
IMG_6284.jpg

黒いケーブルで手前のスイッチまで持ってきて、コンデンサを選べるように。なんとなくやってみたこの改造こそが、結構よかった!フィルターの効きがだいぶ下のレンジになるしQもきつくなるので、ベースに合うフィルターになる!そして簡単にスイッチで元のレンジに戻るので、ギターとベースで使い分けも簡単!というわけで完成品がこちら!

IMG_6285.jpg

まぁ、簡単にこのように出来てるようでもあるけど、実際はドリルで穴をあけて、リーマーで広げて・・・っていう地道な作業もやってるわけです。穴3つもあけたら軽くなるかな?と思ったけど、軽くなってないと思います。
さて、音も問題なく、改造(モディファイとは思ってない)出来た!と思ったけど、ふとラインの音をヘッドホンで聴いてみたら、ワウを動かすとガリがあること気づいてしまった・・・改造のせいか?とも思ったけど、また蓋をあけて、いろいろ見てみたけど、どうもそもそもの可変抵抗がガリがあるっぽい。ちなみに可変抵抗は英語でポテンショメーターだけど、なんとなく聴いた音が「ポテンシオミター」って聞こえたので、私はそう呼んでます。

IMG_6287.jpg

このカッコいいポテンシオミターを取り出し、
IMG_6288.jpg
掃除してみたら・・・クルクル回るようになってしまった(壊した)。

さて、100kΩAカーブのポテンシオミター、探したら一個持ってました。っていうか、さっきも使ったんだ!つまり2個持ってました。(というか3個持ってたけど、一個壊れてた。)それを元のと比べると・・・
IMG_6290.jpg
左:オリジナル、右:うちにあったやつ
ショボい・・・でも無理やりはめてみた。
IMG_6289.jpg
実は、結構無理やりだけど、まぁ、はめられないことはない!そして、これに関しては元のを壊してしまったから、これにするしかない!ということで、見た目がだいぶ元と違うものになりました。

そして完成品がこちら!
IMG_6293.jpg

つまり、(分解の)記録のためにたくさん写真を撮ったのたくさんアップしてみました、的なブログでした。写真は以上です。ちなみに、さっきの英語のサイトにあった、More Bass and Gain Modificationというのもやってみました。
しかし、150Ωの抵抗がない!ので、手元にあった100Ω、39Ω?、10Ωの3本を無理やり足して、149Ω?くらいの抵抗にしました。やばい・・・まだ写真があった。

IMG_6305.jpg

こんな感じにくっつけて、
IMG_6306.jpg
基板の右下の方に無理やりくっつけました。「こんなんでいいのか?」ってツイッターにアップしたら、ハジメ君とイトケンさんがOKって言ってくれたので安心しました。

ちなみに、英語のサイトの"Vocal Mod"っていうのにあるのですが、インプットのジャック(写真下側)のすぐ上の抵抗も33kから100kに変えちゃいました。もうこれで完成にしよう・・・きりがない・・・と思ったので、これで終了。(インプットバッファを戻すとか一瞬考えたけど)

さて、昨日、勝井さんと達久くんとのライブで早速使ってみました。せっかくだからベース用の0.1μFのコンデンサーの方で。LEDがつくから便利だし、エフェクターの途中に入れてもトゥルー・バイパスだから気にならないし、やっぱり利点がいろいろ!しかし、実はポテンシオミターってその右横にあるギア的なものにどこでかませるかでワウの効きが変わるんだけど(つまりレンジのフルでは動かない仕様になってる)、その可変範囲だと思ったよりレンジが狭い。そのためにはたぶんポテンシオミターの数字を変えるべきかな・・・と思うのだけど、とりあえず持ってないの、今度どこかで買ったら試してみよう・・・と、いう感じで遊び感覚の改造は続いてしまうのでした・・・
posted by pseudo_studio at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器

2016年07月30日

8月のライブ

8月のライブです!

8月3日(水) 勝井祐二セッション 「フェスティバル FUKUSHIMA! 関連公演」
勝井祐二 山本達久 須藤俊明 @新宿ピットイン
開場19:30/開演20:00 ¥3000+税(1dr付)

勝井さんと達久くんと3人で演奏します。勝井さんと達久くんの演奏、音楽はホントに凄いです。一緒に演奏すると全く客観的になれないですが、こんな二人と演奏できるのは光栄です。

8月6日(土)@富山フォルツァ総曲輪
柴田聡子とポニーテールズ
エレキギター山本精一/ベース須藤俊明/ドラム一樂誉志幸/シンセ西滝太/音響DubMasterX

富山ですが、柴田聡子ちゃん、バンド名義ライブやります!
これまた、また出来て嬉しいライブです。楽しみです。

と、8月のライブは2つだけですが、どちらもROVOの方が・・・
ROVO、20周年おめでとうございます。
タグ:柴田聡子
posted by pseudo_studio at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2016年07月21日

奇形児 2010-2016

2010年の半ば、Loudsをやめる直前だった頃、亀戸ハードコアの西脇さんから電話があって、奇形児がドラマーを探しているけど紹介していいか?と聞かれたんですが、その少し前に奇形児のライブを偶然亀戸ハードコアで見てたので、「是非」とお願いして、加入することになりました。自分にとって珍しいというか、おそらく初めてであった、全員知らない人のバンドに加入という経験でした。もちろん、一度ライブ見たことあったけど、全曲知らないし、バンド名は知ってたけど聴いたことありませんでした。

しかも入ってすぐに、初のCDの録音というのが控えてて、かなり緊張がある状態での加入でしたが、ボーカルのYASUさん、ギターのヒロシさん、ベースのツージーさん、キーボードのプロレタリアート本間さん、皆いい人で、すぐに馴染めました。埼玉のスタジオにレコーディングに行って、初のCD「頭を丸めて今スグ出家しろ!念仏唱えて自らを葬れ!」を作りました。個人的には出来に不満がありますが(それを言い出したらだいたいそうなっちゃうけど)、収録曲はどれも好きなアルバムです。



そして、2010年に3回、2011年に5回、2012年に6回とライブをやって来ました。12年の最後のライブは大阪に遠征。皆で車で行きました。この頃までヒロシさんが大阪に住んでたので、ライブのペースもゆっくりで、しかも80年代の曲は少なめで、パンク色も少ないバンドでした。そして、大阪のライブを最後にベースがツージーさんからセイジさんに変わりました。ここで初めて、前から知ってる人加入です。でもセイジさんも知ってただけで、全然世界も世代も違うのですが。

2013年からセイジさんも積極的にバンドに関わり、ライブは年間9回、2014年も9回のライブ、そしてアルバム「脱・人間 紛いモノの狂気は世の中を不快にさせるただの糞」を作りました。このアルバムは、録音ミックスもやらせてもらい、製作にだいぶ関わりました。曲調的にかなり幅があって、自分的には「?」な部分もありますが、なかなか楽しいアルバムです。


そして、2014年の暮れには同じ感じで過去の曲達をレコーディグした「Reborn Or Hell?」を製作&リリースしました。そういえば、これCDとDVDがついてるようですが、DVDは見たことありません。このCDは良い感じだと思います。


2015年にも10回のライブ、そのうちのひとつは、原爆奇形階段、つまり、原爆オナニーズと奇形児と非常階段の合体バンド、これはこれで楽しかったです。なんかよくわかりませんが、色んなロックの曲のカバーをやりました。最後のライブは、奇形児ワンマン、1時間を2セットくらい、恐ろしく体力を使うライブでした。

そして今年2016年に入り、ライブも3回くらい、7月にまたワンマンをやりましたが、そこを最後に奇形児を脱退しました。こんなに充実してるのに、なんでやめるんでしょうね。メンバーも最高だし、自分がドラム叩いてる唯一のアクティブなバンドでした。でも、やめました。今まで有難うございました。

なんだかんだで、7年にわたって参加して、ライブも50本ちかくやり、ドラマーとして滞在したバンドとしては最長です。まぁ、THERMO、MSNもドラムだけど、これらは加入したというより、自分がやってるユニットという感じだから別とすると、MELT-BANANAよりLOUDSより奇形児のほうが長くやってました。CD3枚も一番多いかも。MELT-BANANAは2枚で抜けちゃったし(結局3枚ぶん参加はしてるけど)、LOUDSは1枚しか出してない。ちなみにTHERMOもMSNも2枚しか出してない。

奇形児は9月にライブが決まってます。私個人としての希望でもあるんだけど、新しいドラマーを迎えて、どんどん活躍して欲しいです。客観的に見ようとする自分もどうかと思うけど、ドラマーが変われば、まだまだ良くなると思ってます。

そして私はドラムで活動してるバンドがなくなりました。MSNはあるけど、ライフワーク的な面もあるし、2年くらい活動してないしね。20年くらい、なんかのドラマーとして活動してきたけど、それが終わりました。またそのうちなんかのドラマーになるのか、もうドラマーじゃなくなるのかわかりません。なんとなく後者な気がしてるけど、ドラムが叩けなくなったわけではないし、自分のためにはドラム叩いてると思います。

だからあれだね、ライブハウスでドラムのところに座るってことが、この先あるのかどうかだね。なんかありそうな気もするけど。
タグ:奇形児
posted by pseudo_studio at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月19日

久しぶりにライブ日記 2

前回久しぶりにライブ日記と書いたのが去年の11月だったのですが、ライブの記録というかメモのために書いてたのがやっぱりとても役に立ちました。今回、前回と同じ荻窪クラブドクターで奇形児のワンマンがあったのですが、ドラムがどうだったか確認するために自分のブログをみて確認できました。

前回のブログからわかったことは、とりあえず、ライド・シンバルがダメだったということ。なので、今回はとりあえず、ライドは持っていくことにしました。とりあえず部屋に何かしら一枚ライドがあるので、それを持っていくことに。ハイハットや他のシンバルはツバメスタジオに置いてあるので、取りに行くタイミングがなかったので、あきらめることに。あとシンバルケースもツバメスタジオなので、ライドを適当な袋に入れて持っていくことに・・・

今回は、荷物はスネアとライドだけにして、ペダルとかは持っていくのやめました。お店ので全然問題ないです。とりあえず、前回の写真と、今回の写真。上が前回、下が今回です。
IMG_5315.JPG
IMG_6131.JPG
あぁ・・・写真のアップ具合が全然違った・・・でもまぁ、だいたい分かるかな。上の写真は明らかにヤバイ感じのライドが見えますね。今回はそれを回避するために持って行った自分のライド。なんだかわかってませんでしたが、Aジルジャンの22インチでした。どっちにしろ20インチの自分のシンバルケースじゃ持っていけなかった。

さて前回みたいにチェックした感じを書くと、バスドラOK、タムは今回は両方ともOK!、ハイハットは相変わらずダメ・・・残念なことに他のシンバルも今回はダメなものに変わってしまってました。つまり、まともなシンバルは自分の持って行った22のライドだけ。そして、自分のスネアは相変わらずいい音しないんだけど、今回はシンバル以外のドラム全体が結構いいかんじだったので、よかったです。しかし、シンバルがヤバイ・・・曲のアクセントで鈍い鉄板を叩くようなことをしたくない・・・自分のライドだけでは演奏できない・・・それで、妥協しつつ一番いいと思ったのが、左手のシンバルをお店のライドにしてしまい、右も18インチという、若干大きめのシンバルで全体を統一してしまう方法、それが(下の)写真の状態です。前回(上)よりタムが小さくなったのではなくて、シンバルがでかくなったのです。

あと、今回はスネアのタオル・ミュートもやめました。スネア以外がよく鳴るので、スネアが一番鳴ってない状態だった。まぁ、そんなこんなで、本題は「ライブハウスのドラムをメモしておくと次に便利だ」というようなことなわけですが、一応ライブの内容はと言いますと、奇形児のワンマン、前半後半で合わせて2時間位、色んな曲を演奏しました。あと、久しぶりにそれだけ長い時間演奏すると、後半は自分の耳がハイ落ちしますね。最後はもうシンバルが何かなんて自分にはどうでもよくなっちゃいました。ライブは楽しかったです。

というわけで、次回のライブのためにこうしてドラムをブログに載せることはとても自分にとって有意義だということなのですが、実はこのライブで奇形児を脱退しました。つまり、もう次のライブが無いということです。奇形児脱退に関しては、また別の機会に書きたいと思います。いままでありがとうございました。
posted by pseudo_studio at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月08日

いわゆるゆうや

去年、劇団SWANNY 「ゴミ、都市そして死」で共演させてもらった石川ゆうやさん、新宿ゴールデン街のbarダーリン、スナックハニーのマスターなのですが、今年4月の火事で被害に遭ってしまいました。

それで、有志の仲間でチャリティCDを作ることになったということで、そのオムニバスCDが「いわゆるゆうや」です。
4b4edd5dbe33e91895146316cc218c29.png


参加ミュージシャン〔順不同〕
Los Kayos,石橋英子,ibitsu,Jim O'Rourke ,カフカ鼾(ジム・オルーク、石橋英子、山本達久),celebs,竹久圏+やけのはら、Hair Stylistics,空間現代,前野健太,石原洋,坂本慎太郎,Jun Konagaya a.k.a.GRIM,insect taboo,Oren Ambarchi,JOHN MCENTIRE

イラストレーション: UTOMARU
撮影: 菊池茂夫
ライナー: 柳下毅一郎
デザイン: 高橋ヨシキ

という、私もほとんどの人を知ってるメンバーで作られました。私も石橋英子さんの曲でベースの演奏と、録音ミックスをさせてもらってます。

チャリティが目的なので、余計なことを言うのはなんですが、売り切れてしまうと思われる貴重なCDなので、早めに購入しておいてください。(一人一枚で)←顔文字風。
もちろん(全部かどうかは知りませんが)新曲とか新録とか、そういうものです。
タグ:石橋英子
posted by pseudo_studio at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽disc

2016年06月28日

7月のライブ

ホントに6月はライブがひとつもありませんでした。17日にビックEのライブがあったのですが、出れませんでした。出てたら何の楽器を演奏してたんでしょうか・・・

7月もライブ少ないのですが、4日に柴田聡子ちゃんワンマン、10日に奇形児ワンマン、とワンマンが2つです!久しぶりにライブハウスに行くので楽しみです。

■「柴田聡子」アナログ化 + 初の詩集「さばーく」刊行記念
柴田聡子ワンマンライブ「さばーく」

2016年7月4日(月)
東京 代官山 UNIT
開場 19:00 / 開演 20:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円 (税込 / 別途ドリンク代)
※予約特典あり
一般発売: 2016年5月21日(土)〜
ぴあ(P 299-090) / ローソン(L 70869) / e+

前回も書きましたが、須藤俊明ベース、一樂誉志幸ドラムのトリオ編成、柴田ちゃん一人の演奏もあります。
この3人でライブするの初めてですが、それ以外にいろいろ新しいことがあります!もったいぶるようなことではないかもしれないけど、とりあえず、お楽しみに。

おぉ、奇形児のほうはオフィシャルサイトにライブの情報が無かったぞ・・・
7/10に荻窪ドクターでワンマンです。

【奇形児ワンマンGIG】
7月10日(日)荻窪クラブドクター
開場18:00/開演18:30
前売 2500円/当日3000円 +1D ご予約はinfo@kikeiji.comへお名前と枚数を。Twitterからでも受付けます。
CjOnj0WUUAAt13Y.jpg

というわけで、ライブ、お誘いお待ちしてます・・・って何を誘うのかわからないよね。
まぁ、なんでも。
posted by pseudo_studio at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2016年06月23日

柴田聡子詩集が出ますね。



おぉ・・・これ、もう4年前。というわけで、初めて会ったのはたぶん2012年のはじめなのかな。比較的新しい友人だけど、もう4年たつね。最初は、ぷりぷり君、君島さん経由で浅草橋ツバメスタジオで会って、その流れでファーストアルバムでベースを数曲弾いて、レコ発にも出て、その後もあちこちで会ってるうちに、また柴田聡子 with Music Helpsというバンドに参加してセカンドアルバムのレコ発に出て、3枚目の山本精一さんプロデュースのアルバムも、山本さんに声かけてもらって参加して・・・今に至る。というわけで、簡単に書いてみたけど、実はすごく不思議な縁だと思ってるわけです。結構自分にとっても人生の大きな部分を占めてると思われる柴田聡子ちゃん、詩集が出ますね。早速見せてもらいました。

一緒にライブやったり、リハーサルしたり、新幹線に乗ったり、打ち上げ行ったりしてますが、とても面白いけど、彼女のことをよくわかってるわけではありません。でも知ってることは、文字にするのが得意だということかな。得意というか、優れた能力をいかしてるというか。もちろん音楽がいいけど、文字がなければ生まれない音楽だしね。自分が演奏してて楽しい理由の半分くらいは文字が楽しいからかもしれないしね。文字っていうか、この場合は詞だよね。

ちなみに、私は文章が読めません。生まれつきなのか、本が読めません。実は詩集でさえ、ほとんど読めません。読めるのは取扱説明書くらい。でも、柴田ちゃんの詩集は文字がメロディになるから楽しめる。これって、つまりベスト盤なんじゃないかなと思った。そう考えたらかなりのボリュームですよ。

詩集発売記念ライブも出演させてもらいます。
(須藤俊明ベース、一樂誉志幸ドラム)

■「柴田聡子」アナログ化 + 初の詩集「さばーく」刊行記念
柴田聡子ワンマンライブ「さばーく」

2016年7月4日(月)
東京 代官山 UNIT
開場 19:00 / 開演 20:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円 (税込 / 別途ドリンク代)
※予約特典あり
一般発売: 2016年5月21日(土)〜
ぴあ(P 299-090) / ローソン(L 70869) / e+

そして、サードアルバム「柴田聡子」のアナログ盤も出ます。

タグ:柴田聡子
posted by pseudo_studio at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月20日

5月のライブ

もう5月も終わりそうですが、5月のライブのお知らせをします。
終わってから告知するのって、なんの意味があるんでしょうね。

5月12日
京都METRO
ジム・オルーク with レッド・ゼツリン 石橋英子、須藤俊明、山本達久
共演:キツネの嫁入り

CiLP9MlUkAIlolA.jpg

5月14日
福岡 CIRCLE ’16
ジム・オルーク
出演:EGO-WRAPPIN'、キセル、グッドラックヘイワ、クレイジーケンバンド、在日ファンク、ジム・オルーク、cero、SOIL & "PIMP" SESSIONS、高田漣、トクマルシューゴ、二階堂和美、ハンバート ハンバート、ペトロールズ、細野晴臣、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、LITTLE CREATURES

という感じで2回、ジム・オルーク・バンドでライブをしました。福岡は他の出演者を見たかったのですが、車で送迎される会場だったので、見れませんでした。ジムの前に出てたUAさんを見ました。あれ?出演者のリストにUAさん無いぞ・・・じゃ、このリスト全員じゃないのか。クラムボンもグッドラックヘイワも出てたし。

というわけで、今月のライブは、これで2/3終わってしまい、あとひとつだけあります。

2016年5月28日(土)@ 立誠小学校
<HARCOの春フェス IN KYOTO>
GOMES THE HITMAN
共演:HARCO、空気公団

というわけで、今月はライブ3回のうち2回が京都・・・そして残りが福岡。東京ではライブがありません。
そして、なんと、来月はライブ自体ありません。なんかやりたいですが・・・

posted by pseudo_studio at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

2016年04月14日

4月のライブ

1月〜3月のあいだ、ほとんどネットが出来なかったので、それでブログを更新しなかったのか、っていうとそうでもないかもしれないけど、3月の末からついにインターネットが出来るようになりました。どれだけNURO光というかソネットがヒドいかって話を書こうと思ってましたが、ネットが繋がると、書くのも面倒くさい。まぁ、簡単に言うと、NURO光には頭にきた、ってことです。酷い対応です。いや、コレが普通なのか?ソフトバンクにも頭にきたし。

というわけで、4月のライブ。

2016年4月19日(火)@ 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
“HARCOの春フェス 2016 in TOKYO”
LIVE:HARCO、空気公団、GOMES THE HITMAN
DJ:行達也
OPNE18:00 START19:00
前売4,000円 当日4,500円 全自由(税込/ドリンク代別)
※未就学児童:入場無料
子供料金:小学生前売2,000円
*通常の前売りチケットをご購入いただき、当日窓口にて2,000円キャッシュバック致します

私はGOMES THE HITMANのベースです。人生でGOMES THE HITMANの次にベースを弾いてたと思われるのがHARCOなのですが、HARCOのイベントにGOMESで出ます。空気公団は名前しか知りませんが、元バンド仲間のオータコージくんがドラムやってるはずです。DJの行さん、ってユキさんって読むんだよね。昔からお世話になってるユキさんですね。なんか、変な感じです、この面子。一瞬だけ昔に戻るのか、戻らないのか。

ちなみに5月に同じような感じで京都でライブがあります。

次のライブが
4月24日(日)秋葉原クラブグッドマン
【クラブグッドマン20周年記念公演】

泯比沙子 × Nasca Car × ドラびでお / プンクボイ / 高品格 / ゲェルチュチュ /
【PICK UP】http://www.clubgoodman.com/blog/?p=11356
O/18:00 S/18:30 前\2,800 当\3,300

これは、Nasca Carのギターということで参加します。この面子、これこそ、今!と思う気もするけど、ナスカ・カーに至っては20年前から知ってるし、10年くらいはメンバーだし・・・プンクボイも20年くらい知ってるし、一樂さん(ドラびでお)も20年くらい前から知ってるし、高品格のメンバーも20年くらい前からの知り合いのコブさんや、15年くらい前に一緒にバンドやってたパキオさんや・・・でも何が違うって、バンドが違うんだよね。皆、昔と違うことやってるし、私に至ってはナスカ・カー内でパート変わってるし・・・

とか、そんな話より、泯比沙子さんとナスカ・カーとドラびでお、いっぺんにステージにあがるってことだよね。
もう、どういうことかわからない。ちなみに高品格のCDは私録音しました。オススメです!

最後はKAPPUNK。
もうコレに関しては全体像が全くわかりません。
わかってることは、4/30、ロフトに奇形児が出るってこと。4/29〜5/1の3日感のイベントで会場が・・・え!5箇所!?(今調べてて驚いてます。)出るバンドもバンド数も凄すぎて、よくわからない。
あ、今年もアレルギーと一緒だ!

以上、4月のライブです。どれも極端すぎて、普段の自分とかけ離れすぎてる気がする。
posted by pseudo_studio at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ