2014年03月11日

石橋英子「ゴミ、都市そして死」 サントラ

fassbinder.jpg
さて、唐突ですが、いきなり過去の話です。去年の10月に石橋英子とぎりぎり達で参加した千木良悠子さん演出、緒川たまきさん主演のSWANNY 第5回公演「ゴミ、都市そして死」のサントラです。前にも書いたんですが、この舞台、3日間やってたのですが、私は都合により、出演できなかったので、仕込みの手伝いと最終日に見に行っただけでした。仕込みというか、実際にやってたことは主に楽譜作りの手伝いでした。ワグナーやライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画の音楽家Peer Raben、そして英子さんの曲とかを英子さんのアレンジをメンバー(というか主に坂口くん)に伝えるための楽譜作りを手伝ってました。そして、本番に参加できない私は、このサントラに参加させてもらいました。といっても、基本的には全部英子さんの歌と演奏、私が3曲だけベースをオーバーダブ、長左棒茄子による歌が2曲入って、ミックスはジム・オルークという豪華な内容です!が、これはCDRで会場で売ってたものです。流通はしてません。でも、私、少し持ってます。1500円で販売してます。でも、通販とかやってません。どこかで会ったらお買い求めいただけるかもです・・・。まぁ、その時持ってないかもしれませんが。

今聴いてみると、とても懐かしい。譜面を作ってたので、基本的には全曲知ってるし、舞台の場面も思い出される!キャストが歌ってところは代わりに英子さんが歌ってたりして凄いことになってる!これ、実は結構いいですよ。長左棒茄子の歌も素晴らしいし。

しかし、これと前々回の舞台「饗宴」のサントラはあるんですが、あいだにやった「パーフェクト奥様」はサントラはありません。しかし、これ生演奏ではなかったんですが、ミュージカルだったんで、その伴奏にも参加させてもらいました。これは沢山ベースを弾いた記憶があります。まぁ、皆さんにお聴かせすることは出来ないんですが。
タグ:石橋英子
posted by pseudo_studio at 03:11| Comment(0) | 音楽disc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: