2013年12月20日

ハッピーランチ


さて、もう1週間たちますが、前野健太5th ALBUM「ハッピーランチ」が発売されました。とりあえず、カラオケとか、普通にラジオとかでわりと多くの方に耳に届いてると思われるのが1曲目の「ねぇ、タクシー」ですが、この曲、皆にとって全く新境地なんじゃないかな。とにかく奇跡のような1曲です。でも実はこのアルバム、結構奇跡だらけです。バンドのメンバー全員のイチオシは「ジャングルのともだち」です。これも奇跡。ジムがいなければ絶対生まれない日本人とジムのコラボレートのある意味完成形の一つだと思います。そして、メンバーもそれぞれチャレンジでありながら奇跡的な内容を録音してます。例えば私にしても、この曲はメチャクチャ珍しく、変則チューニングのベース、しかも和音のリフ。低音でルートを支えるベースはジムが弾いてます。普通に考えたら、私とジムのパート逆じゃない?って思うんだけど、そんなことないんだなぁ、と思う出来栄えです。この曲の私の方のベースはホント、今までではありえない。空間系エフェクトかけ録りだし、あるいみギターの録音みたい。そしてジムのベースも普通じゃない。まず、楽器が先生(カフカ)の手作りベース、そしてフレットレス。英子さんのエレピも、エフェクターを通し斬新な音色とフレーズ、達久くんも一度音を削ぎ落としてからアレンジで最終的には名フレーズの数々。と、まぁ、「ジャングルのともだち」だけで盛り上がってしまったけど、他の曲もなかなか奇跡のアレンジ。

私は結局「雨も一緒に」という曲以外参加してると思うんだけど、「雨も一緒に」って歌とピアノが完璧だったから他の楽器入れるのやめたんだよね。「悩み、不安、最高!!」は、どうしてこんなことになったんだっけかな?ベースはほんのちょっとだけクリフ・バートンの影響があります。

「TOKYO STATION HOTEL」という曲はこれも珍しく(初めてかな?)ベースにエフェクターのコーラスかけ録りです。いろいろ書きたいことあるけど、書きすぎてしまいそうだなぁ。とにかく録音は楽しかったし、音楽も最高。そして、凄いことにジャケットやパッケージの色々が素晴らしいです。このジャケットは今まで参加してきた音楽の中でも最高の1枚と言えるんじゃないかな。


タグ:前野健太
posted by pseudo_studio at 01:38| Comment(0) | 音楽disc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: