2016年07月21日

奇形児 2010-2016

2010年の半ば、Loudsをやめる直前だった頃、亀戸ハードコアの西脇さんから電話があって、奇形児がドラマーを探しているけど紹介していいか?と聞かれたんですが、その少し前に奇形児のライブを偶然亀戸ハードコアで見てたので、「是非」とお願いして、加入することになりました。自分にとって珍しいというか、おそらく初めてであった、全員知らない人のバンドに加入という経験でした。もちろん、一度ライブ見たことあったけど、全曲知らないし、バンド名は知ってたけど聴いたことありませんでした。

しかも入ってすぐに、初のCDの録音というのが控えてて、かなり緊張がある状態での加入でしたが、ボーカルのYASUさん、ギターのヒロシさん、ベースのツージーさん、キーボードのプロレタリアート本間さん、皆いい人で、すぐに馴染めました。埼玉のスタジオにレコーディングに行って、初のCD「頭を丸めて今スグ出家しろ!念仏唱えて自らを葬れ!」を作りました。個人的には出来に不満がありますが(それを言い出したらだいたいそうなっちゃうけど)、収録曲はどれも好きなアルバムです。



そして、2010年に3回、2011年に5回、2012年に6回とライブをやって来ました。12年の最後のライブは大阪に遠征。皆で車で行きました。この頃までヒロシさんが大阪に住んでたので、ライブのペースもゆっくりで、しかも80年代の曲は少なめで、パンク色も少ないバンドでした。そして、大阪のライブを最後にベースがツージーさんからセイジさんに変わりました。ここで初めて、前から知ってる人加入です。でもセイジさんも知ってただけで、全然世界も世代も違うのですが。

2013年からセイジさんも積極的にバンドに関わり、ライブは年間9回、2014年も9回のライブ、そしてアルバム「脱・人間 紛いモノの狂気は世の中を不快にさせるただの糞」を作りました。このアルバムは、録音ミックスもやらせてもらい、製作にだいぶ関わりました。曲調的にかなり幅があって、自分的には「?」な部分もありますが、なかなか楽しいアルバムです。


そして、2014年の暮れには同じ感じで過去の曲達をレコーディグした「Reborn Or Hell?」を製作&リリースしました。そういえば、これCDとDVDがついてるようですが、DVDは見たことありません。このCDは良い感じだと思います。


2015年にも10回のライブ、そのうちのひとつは、原爆奇形階段、つまり、原爆オナニーズと奇形児と非常階段の合体バンド、これはこれで楽しかったです。なんかよくわかりませんが、色んなロックの曲のカバーをやりました。最後のライブは、奇形児ワンマン、1時間を2セットくらい、恐ろしく体力を使うライブでした。

そして今年2016年に入り、ライブも3回くらい、7月にまたワンマンをやりましたが、そこを最後に奇形児を脱退しました。こんなに充実してるのに、なんでやめるんでしょうね。メンバーも最高だし、自分がドラム叩いてる唯一のアクティブなバンドでした。でも、やめました。今まで有難うございました。

なんだかんだで、7年にわたって参加して、ライブも50本ちかくやり、ドラマーとして滞在したバンドとしては最長です。まぁ、THERMO、MSNもドラムだけど、これらは加入したというより、自分がやってるユニットという感じだから別とすると、MELT-BANANAよりLOUDSより奇形児のほうが長くやってました。CD3枚も一番多いかも。MELT-BANANAは2枚で抜けちゃったし(結局3枚ぶん参加はしてるけど)、LOUDSは1枚しか出してない。ちなみにTHERMOもMSNも2枚しか出してない。

奇形児は9月にライブが決まってます。私個人としての希望でもあるんだけど、新しいドラマーを迎えて、どんどん活躍して欲しいです。客観的に見ようとする自分もどうかと思うけど、ドラマーが変われば、まだまだ良くなると思ってます。

そして私はドラムで活動してるバンドがなくなりました。MSNはあるけど、ライフワーク的な面もあるし、2年くらい活動してないしね。20年くらい、なんかのドラマーとして活動してきたけど、それが終わりました。またそのうちなんかのドラマーになるのか、もうドラマーじゃなくなるのかわかりません。なんとなく後者な気がしてるけど、ドラムが叩けなくなったわけではないし、自分のためにはドラム叩いてると思います。

だからあれだね、ライブハウスでドラムのところに座るってことが、この先あるのかどうかだね。なんかありそうな気もするけど。
タグ:奇形児
posted by pseudo_studio at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176164275

この記事へのトラックバック