2015年02月15日

ドラム・セッティング

ライブのリハーサルの時、写真を撮ってみました。
IMG_4293.jpg
なんか、薄々気づいてはいたんですが、ミュートに使ってるタオルが客席側からだとかなり目立つんですね・・・自分から見るとほとんど見えないのですが。今日はFOOLSのドラムのやっちゃんさんとこの話をしたのですが、私はガムテープとかでミュートするのが面倒くさいのでタオルを洗濯バサミ的なもので挟んでとめてるんですが、客席側から見ると結構ひどいですね・・・達久くんは薄手の布を綺麗に折りたたんで、テープでとめたりクリップでとめたりしてたんですが、私は、ハンドタオル&洗濯バサミ(というか、本当はバネクランプ)と、なんか雑なのかも。昨日もらった奇形児のトートバックを次回からミュートに使うかも。

さて、急にライブの話をしますが、今日はわりと丁寧にドラムのチューニング&セッティングをしたようなしてないような・・・で、やはり全然叩きやすい。この前のような失敗(オープンリムのかかり損ない)もほとんどなかったと思う(厳密には曲中ずっと浅くリムをかけて叩こうとしてる曲は多少当たりハズレがあった・・・)。まぁ、全体の演奏がうまくいった、とは言わないけど、余計な失敗は少なかったかも。でもですよ、やはりZenのシンバルはZenのシンバル・・・ハイハットとか、ライド、クラッシュ全部、やはり叩いててリハーサル(スタジオ)の時のような(普通のシンバルの)音は出ない。っていうか、16"のクラッシュはある程度以上の音が出ないし、18"のほうにいたっては、かなり割れてるけど、なんか割れてても割れてなくても大して変わらないんじゃないの?っていう印象。交換してもらう気にもなれなかった。

ところで、なんとなくカメラを構えたら、ポーズをとってくれる、我らがスーパーベーシストの写真も勝手にアップ!
IMG_4292.JPG


posted by pseudo_studio at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113724711

この記事へのトラックバック